キャナルシティから程近いところにある福岡市博多区にある住吉神社

パワースポッットとして人気の住吉神社とは一体どのような神社なのでしょう?

その歴史と見どころに迫ります!

住吉神社とは?

住吉神社1

 

住吉神社は航海守護神の住吉三神を祀る神社です。

約1800年前に創建されたといわれていて(文献での初見は天平九年(737年)となっています)、全国に2000社以上分布しているのですが、ここ博多の住吉神社は大阪・下関と並ぶ三大住吉のうちの一つになります。

大阪の住吉神社が総本山だと言われているのに対して、博多の住吉神社は(住吉神社の)始源だという説もあり、大変格式高い神社です。

入り口には石碑があり、「皇族下乗」という文字が書かれています。

これは「皇族でもここから先は馬や駕籠などから降りてください」という意味で、やはりその格式の高さが伺えます。

 

スポンサードリンク

住吉神社の伝承

 

住吉神社2

住吉神社3

(引用 ウィキペディア)

 

住吉神社には天竜池(通称ひょうたん池)という池があるのですが、この池に黄泉国から帰ったイザナギのミコトがこの池で禊ぎ払いをされた時に、天照大神(アマテラスオオミカミ)ツクヨミノミコトがお生まれになったという伝承があるのです。

天照大神といえば皇室の祖神で日本国民の総氏神とされる神様なので、皇族の方が神社の前で馬や駕籠から降りられるのも納得ですね。

神社のパワースポット

住吉神社のパワースポットは、なんと神社全体なのだそうですが、最近新たなパワースポットができたようです。

古代力士像

その一つが古代力士像です。

住吉大神は相撲の神様としてとても有名で、九州場所の前には横綱が土俵入りを行います。

(横綱が土俵入りをする神社は伊勢神宮(三重)・明治神宮(東京)・靖国神社(東京)・熱田神社(愛知)・住吉神社(福岡)の5ヶ所のみです)

古代力士像は両手を大きく前に出しているのですが、その手のひらには『力』という文字が書かれています。

そんな古代力士像の手に自分の手のひらを合わせるとパワーを貰えるのだそうです。

ちなみに住吉大神は芸能の神様でもあるため、多くの芸能人がパワーをもらいに住吉神社に来るそうです。

HKT48の指原莉乃さんや、AKB48の渡辺麻友さんなどは、ここで参拝した年に、総選挙の1位を獲得したのだという。

福分小判

さらにこの夏注目のパワースポットが志賀神社福分け小判です。

福分け小判とは、宝くじに高額当選した参拝者が幸福を分かち合いたいと、2016年5月に金の小判を奉納したものだそうです。

何等賞が当選したのか気になるところですが、神主さん曰く、

「多分いっ…金額は見ましたけど、金額は言えませんけど…私もびっくりしました」と言葉を濁されていました(^_^;)

金の小判には龍と鯉が刻印されており、鯉をさわったら恋愛成就、龍をさわったら金運上昇のご利益があるとか。

宝くじを購入する時はぜひ立ち寄りたいですね!

駐車場は?

博多駅方面から来る場合は住吉通りを博多駅前四丁目交差点で右に曲がりこくてつ通りへ、左手にホテル法華クラブ福岡の次に住吉神社駐車場入口があります。(反対車線にはリンガーハットが目印)

料金:無料

収容台数:約50台です。

 

格式が高く、新たなパワースポットを備えた住吉神社。

皆様も、ご利益をもらいに行ってみてはいかがでしょうか?